キサカダイレクト
newcolor

MERCURY刺繍入りライフジャケットに
新色が登場

  • 67-180103
  • 67-180203
  • 67-180204
  • 67-180205

既存のブラック、レッドカラーに加え、新色が登場。ショルダー(首掛け)タイプはカモフラ柄にオレンジ刺繍。ウエストタイプはカモフラ柄にオレンジ刺繍とグリーン刺繍、デニム柄にゴールド刺繍の2カラー3パターンが追加。刺繍色が非常に良いアクセントになっており、カッコイイ仕上がりになっています。単色に飽きてしまった方にもおすすめ。自動膨張式だが手動用作動索も備えており、機能性も◎。もちろん国土交通省型式承認品(桜マーク入り)のTYPE-Aライフジャケットです。

着用義務と安全基準

2018年2月1日より、小型船舶や遊漁船におけるライフジャケット着用義務の範囲が拡大されました。これにより、小型船舶の船室外の甲板上では、原則すべての乗船者に桜マーク入りライフジャケットを着用させることが船長の義務になります。この着用義務に違反した場合、船長(小型船舶操縦者)には違反点数2点が付されます。
※違反点数の付与は、2022年2月1日から開始されます。

桜マーク

桜マーク(右画像)とは、国土交通省が試験を行って安全基準(型式承認基準)への適合を確認したライフジャケットである証です。この安全基準は2013年10月1日に改定が行われ、更に高い強度基準が要求されています。

ライフジャケット着用者の海中転落時における生存率は、未着用時と比べ2倍以上になります。
命を守るため、ライフジャケットを着用しましょう。

graf

ライフジャケットのタイプ

桜マークがあるライフジャケットは、船舶の航行区域によって使用できる種類が分けられています。

■TYPE A 小型船舶の全ての航行区域で、法定備品として使用可能
■TYPE D 平水区域、2時間限定沿海区域及び沿岸区域を航行区域とする小型船舶(旅客船を除く。)及び水上オートバイ等に法定備品として搭載することが可能
■TYPE F 平水区域、2時間限定沿海区域及び沿岸区域を航行区域とし、かつ、一定の諸条件(※)に適する小型船舶(旅客船を除く)及び水上オートバイ等に法定備品として搭載することが可能
■TYPE G 小型船舶用浮力補助具のことで、平水区域を航行区域とし、かつ、一定の諸条件(※)に適する小型船舶(旅客船を除く。)及び水上オートバイ等に法定備品として搭載することが可能

※「一定の諸条件」とは、次の条件のことです。

  • ・不沈性能(船内に十分な浮力体があり沈まない構造)があること。
  • ・キルスイッチ機能(操船者が落水時にエンジンが自動停止するもの)があること。
  • ・音響信号器具(笛、ホーン等)を装備していること。

出典:国土交通省ホームページ
「ライフジャケットの種類と特徴」